サービス接遇検定 2級 合格点

サービス接遇検定2級の合格点は?

サービス接遇検定

 

サービス接遇検定には
  • 3級
  • 2級
  • 準1級
  • 1級

 

とあります。

 

3級が一番簡単で、1級が一番難しいです。
単純に検定試験の難しさもありますが合格率も相当違います。

 

サービス接遇検定3級、2級、準1級の合格率は約70%です。
でもサービス接遇検定1級の合格率は恐ろしいくらい低いです。

 

詳しくはこちらの記事でご確認ください。
サービス接遇検定1級の合格率は?

 

ともあれ、サービス接遇検定2級は3級よりは難しいですが
独学でも合格が十分可能な試験です。

 

サービス接遇検定

 

しかも、履歴書に「サービス接遇検定2級」のことを記載しても
採用担当者からよい評価がされやすい級になります。

 

詳しくはこちらの記事をご覧ください。
サービス接遇検定を履歴書に書けるのは何級以上?

 

この記事ではサービス接遇検定2級の合格点はいくらか?解説します。

 

 

サービス接遇検定2級の合格点は?

 

サービス接遇検定

 

まずそもそもですが、サービス接遇検定2級だけでなく
他の級でも具体的な合格点は発表されていません。

 

ただ、試験問題全体の60%以上正解すれば合格ですので
正解率60%の点数が合格点だということです。

 

もう少し詳しく解説すると
理論と実技両方とも60%以上正解すればサービス接遇検定2級合格になります。

 

理論は
  • サービススタッフの資質
  • 専門知識
  • 一般知識

 

から出題され、60%以上正解しないと不合格になります。

 

実技は
  • 対人技能
  • 実務技能

 

から出題され、やはり60%以上正解しないと不合格になります。

 

最後にまとめますと、
サービス接遇検定2級の合格点は理論と実技それぞれ
60%以上正解したときの点数になります。

 

ただ具体的な点数は公開されていませんから
出題された問題数に0.6をかけていただければ
何問正解すれば合格できるか?ある程度想像できるでしょう。

 

たとえば20問出題されているなら

 

20×0.6=12問

 

12問以上正解すれば合格ということになります。

 

こちらも参考に!⇒サービス接遇検定1級の合格率は?

 

スーツで失敗しない面接マナーは?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
スポンサードリンク

関連ページ

サービス接遇検定とは?
サービス接遇検定とはどんな検定試験なのか?わかりやすく解説しました。
サービス接遇検定の正式名称は?
サービス接遇検定の正式名称について解説します。
サービス接遇検定を履歴書に書けるのは何級以上?
サービス接遇検定を履歴書に書けるのは何級以上でしょうか?わかりやすく解説しました。
サービス接遇検定1級の合格率は?
サービス接遇検定1級の合格率について解説しました。
サービス接遇検定の優秀賞とは?
サービス接遇検定の優秀賞について解説します。
サービス接遇検定1級面接試験の内容とは?
サービス接遇検定1級面接試験の内容についてわかりやすく解説しました。
サービス接遇検定2級の合格率は?
サービス接遇検定2級の合格率は何%くらいでしょうか?わかりやすく解説しました。
サービス接遇検定2級はどんな問題が出題される?
サービス接遇検定2級はどんな問題が出題されるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
サービス接遇検定3級はどんな問題が出題されるの?
サービス接遇検定3級はどんな問題が出題されるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
サービス接遇検定2級の難易度はどんな感じ?
サービス接遇検定2級の難易度はどんな感じなのでしょうか?わかりやすく解説しました。
サービス接遇検定準1級の面接試験の内容は?
サービス接遇検定準1級の面接試験の内容をご紹介します。
サービス接遇検定3級面接に対する考え方
サービス接遇検定3級面接に対する考え方についてわかりやすく解説しました。

トップ 目次 秘書検定2級 合格率 面接対策