サービス接遇検定 準1級 面接

サービス接遇検定準1級の面接試験の内容は?

サービス接遇検定準1級の面接試験の内容は?

 

サービス接遇検定、準1級には面接があります。
やはり面接を行わないと、あなたという人間性や行動力がどんなものか
わかりませんからね。

 

準1級の面接には基本言動、接客応答、接客対応の審査があります。

 

審査では、親近感があるか、接客時の表情やふるまい、
愛嬌や言い回し、物腰が柔らかいかなどがチェックされます。

 

原則として3人1組で面接は行われます。
面接時間は、10分程度です。
10分間も面接が続きますから、かなりドキドキしますね。

 

基本言動

 

面接内容

 

まず、名前と面接番号を言う
次に、パネルに書かれた課題をみて、
言葉と動作で審査員に表現します。

 

基本言動は4問あります。
例、「いらっしゃいませ」を言葉と態度で実際お客様を迎えた時と同じように審査員に示す。

 

接客応答

 

接客

 

審査員をお客様と仮定して言葉で接客を行います。

 

課題は、2問で基本言動と同じようにパネルに課題が書かれています。

 

例、「案内するのでこっちへ」とパネルに書かれていたら丁寧な言い回しにして愛想よく発言します。

 

接客対応

 

接客接遇

 

審査員をお客様と仮定して販売員になり商品を販売する接客を行います。
接客対応は、言葉、動作、言い方すべて審査基準になります。

 

販売員は、野菜売り場など面接ごとに異なります。

 

接客対応は、審査員がお客様、受験者が販売員になり
品物を購入するまでの会話の面接になります。

 

サービス接遇検定準1級の面接の内容は、
高度な専門スキルなどは求められません。

 

そのため、接客の基本である親近感、愛嬌、表情や振る舞い、
状況にあった言い方、物腰の審査基準をしっかり理解し、
面接試験で落ち着いて実践できれば合格出来るはずです。

 

こちらも参考に!⇒サービス接遇検定1級面接試験の内容とは?

 

スポンサードリンク

関連ページ

サービス接遇検定とは?
サービス接遇検定とはどんな検定試験なのか?わかりやすく解説しました。
サービス接遇検定の正式名称は?
サービス接遇検定の正式名称について解説します。
サービス接遇検定を履歴書に書けるのは何級以上?
サービス接遇検定を履歴書に書けるのは何級以上でしょうか?わかりやすく解説しました。
サービス接遇検定1級の合格率は?
サービス接遇検定1級の合格率について解説しました。
サービス接遇検定の優秀賞とは?
サービス接遇検定の優秀賞について解説します。
サービス接遇検定1級面接試験の内容とは?
サービス接遇検定1級面接試験の内容についてわかりやすく解説しました。
サービス接遇検定2級の合格点は?
サービス接遇検定2級の合格点は何点でしょうか?わかりやすく解説しました。
サービス接遇検定2級の合格率は?
サービス接遇検定2級の合格率は何%くらいでしょうか?わかりやすく解説しました。
サービス接遇検定2級はどんな問題が出題される?
サービス接遇検定2級はどんな問題が出題されるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
サービス接遇検定3級はどんな問題が出題されるの?
サービス接遇検定3級はどんな問題が出題されるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
サービス接遇検定2級の難易度はどんな感じ?
サービス接遇検定2級の難易度はどんな感じなのでしょうか?わかりやすく解説しました。
サービス接遇検定3級面接に対する考え方
サービス接遇検定3級面接に対する考え方についてわかりやすく解説しました。

トップ 目次 秘書検定2級 合格率 面接対策