第92回 秘書検定 合格率

第92回秘書検定の合格率は?どんな傾向が考えられる?

第92回秘書検定について解説する秘書

 

第92回 秘書検定の合格率は以下の通りです。
(平成22年11月14日実施)

 

志願者数

受験者数

最終合格者

合格率

3級

19,116人

17,856人

10,339人

57.9%

2級

40,549人

38,116人

17,279人

45.3%

準1級

8,397人

7,755人

2,210人

28.5%

1級

1,697人

1,493人

333人

22.3%

合計

69,759人

65,160人

30,160人

46.3%

 

試験実施ごとに秘書検定の合格率は変動します。
3級は60〜70%
2級は50〜60%
準1級・1級は30%前程度です。

 

第92回の秘書検定は全体に合格率が落ち込んでいます。
準1級・1級をさらに詳しく見てみましょう。

 

第92回秘書検定について解説する秘書

 

受験者⇒筆記試験合格率⇒面接試験合格率
1級:1,493名⇒ 684名 45.8%⇒333名 22.3%
準1級:7,755名⇒3,979名 51.3%⇒2,210名28.5%

 

特に準1級・1級は難易度や面接が加わりますが、
92回は他の回に比べますと、最低の数字になっています。

 

とは言っても、秘書検定は年に3回、
準1級・1級は年2回実施されています。

 

準1級・1級に関しては、筆記試験が受かって、面接で残念の場合、
1年間は筆記試験が免除してもらえます。

 

次回は面接試験だけ受験すればいいわけです。
猶予は1年間です。気を付けて下さい。

 

2・3級は併願することも出来ます。
2級と準1級も併願受験することも出来ます。

 

第92回の合格率が1級は22・3%と最低でした。
でも、合格率が数%しかない司法試験や、
不動産資格の宅建などに比べたら、遥かに受かりやすい資格です。

 

合格率に左右されることなく60%の正解率を取って、
合格切符を手に入れて下さい。

 

【関連記事】

 

第91回秘書検定の合格率から考えられることとは?

 

秘書検定101回の合格率は?

 

第102回秘書検定の合格率を見て感じることとは?

スポンサードリンク

関連ページ

第91回秘書検定の合格率から考えられることとは?
第91回秘書検定試験の合格率から考えられることについてわかりやすく解説しました。
秘書検定101回の合格率は?
秘書検定101回の合格率はどれくらいだったのか?詳細に解説しました。
第102回秘書検定の合格率を見て感じることとは?
第102回秘書検定の合格率を見て感じることについてわかりやすく解説しました。
秘書検定2級の合格率は何%くらい?
秘書検定2級の合格率は何%くらいなのか?わかりやすく解説しました。
秘書検定準1級の合格率は?
秘書検定準1級の合格率をご紹介します。
第97回秘書検定の合格率は?どんな傾向があるの?
第97回秘書検定の合格率は何%だったのでしょうか?それと合格率からどんな傾向があるのか、わかりやすく解説しました。
第98回の秘書検定の合格率とデータからわかることとは?
第98回の秘書検定の合格率を掲載したうえで、そこからわかることを解説します。

トップ 目次 秘書検定2級 合格率 面接対策