面接 マナー 退室

退室時の面接マナー

面接を受ける場合、細かい部分にまで面接官によってチェックされています。
隙のないようにしっかりとしたマナーで挑むことが必要です。

 

面接

 

面接が終了した旨を伝えらる場面って基本は着席した状態のはずです。
だから面接官と目線を合わせてから、
落ち着いた口調で挨拶を述べることが必要です。

 

挨拶に関しては
本日はお忙しい中貴重なお時間を頂きましてありがとうございました
という内容が相応しいことになります。

 

面接 マナー

 

その後も退室時には気を抜いてはいけません。
その後のマナーに関しては受け取った資料などがあれば、
速やかにバッグなどに収納して、机の上を片付けすることが必要です。

 

次に着席していた椅子の左側に立ちましょう。
直立した姿勢から再度お礼を述べて挨拶を行って、面接官に一礼してください。

 

面接 マナー

 

一礼のあとには退室するドアまで移動することになります。

 

姿勢を正して歩行する方法になりドアを開ける前に面接官の方を向いて
再度一例を行って「失礼致します」との言葉を述べることが定番のマナーです。

 

ドアを開けて退室したあと、ドアを閉める際にも大切なマナーがあります。
後ろ手で閉める方法ではなく、必ずドアに対して正面を向いた状態で、
丁寧にドアを閉めることが大切です。

 

面接では退室する最後まで一定のマナーを守ることが何より大切です。

 

以上で退室時の面接マナーについての解説を終わります。

 

こちらも参考に!⇒スーツで失敗しない面接マナーは?

 

スポンサードリンク

関連ページ

ノックは何回?面接マナーの常識
面接マナーとして入室時にドアを何回ノックするのが最適なのでしょうか?秘書検定やサービス接遇検定の面接対策や就職試験対策としてわかりやすく解説しました。
スーツで失敗しない面接マナーは?
スーツで失敗しない面接マナーについてわかりやすく解説しました。
中途採用面接の服装マナーは?
中途採用面接の服装マナーについてわかりやすく解説しました。
集団面接のマナーは?
集団面接のマナーについてわかりやすく解説しました。
入室時退室時の面接マナーについて
入室時退室時の面接マナーについてわかりやすく解説しました。

トップ 目次 秘書検定2級 合格率 面接対策