第97回 秘書検定 合格率

第97回秘書検定の合格率は?どんな傾向があるの?

第97回秘書検定の合格率から分かる傾向について解説します。

 

秘書検定

 

「秘書技能検定試験」は女性事務職で唯一の職能検定試験です。

 

受験者は、高校生・大学生の学生が80%そのうち9割が女性です。
政治家の秘書をイメージすると男性にも活躍の場のある職業です。

 

実際は秘書になるための資格というよりも
社会で仕事をしていくための必要な様々な知識を身に付けることが出来ます。

 

例えば、お茶の出し方・言葉使い・電話応対・書類作成・
メールのマナー・パソコンの知識などスキルアップにつながります。

 

3級・2級は1年に3回、準1級・1級は年2回
全国各地で受験することが出来ます。

 

第97回秘書検定の合格率は?

 

秘書検定 合格率

 

この回の受験者数は他の回に比べ30%も多く、
合格率も好成績でした。

 

  • 3級で77.2%
  • 2級は58.8%
  • 準1級は33.2%
  • 1級は40.9%

 

約7万人の方が受験されて40,135名の合格者がでました。

 

秘書検定の平均合格率は、3級で70%4人に3人が合格です。
2級は50〜60%ですので2人に1人、準1級・1級は30%前後ですので、
3人に1人で合格していることになります。

 

平均値と比べても第97回は合格者が多く出ました。

 

受験資格の制限資格はなく、
何級からでも受けることが可能です。

 

3・2・準1級はマークシート方式と記述問題です。1級はすべて記述問題です。
なお準1級と1級は面接試験もあります。

 

秘書検定準1級の面接試験の詳細情報はこちらをご覧ください。

 

秘書検定準1級の面接は動画で確認しよう!

 

秘書検定準1級の面接に関する例題(第104回の内容)

 

合格基準は全て60%以上の正解で合格となります。

 

過去問を徹底的に読み返し実際の場面を想定しながら効率的に、
受験対策して「秘書検定」に挑戦してください。

 

【関連記事】

 

第91回秘書検定の合格率から考えられることとは?

 

第92回秘書検定の合格率は?どんな傾向が考えられる?

 

秘書検定101回の合格率は?

 

第102回秘書検定の合格率を見て感じることとは?

スポンサードリンク

関連ページ

第91回秘書検定の合格率から考えられることとは?
第91回秘書検定試験の合格率から考えられることについてわかりやすく解説しました。
秘書検定101回の合格率は?
秘書検定101回の合格率はどれくらいだったのか?詳細に解説しました。
第102回秘書検定の合格率を見て感じることとは?
第102回秘書検定の合格率を見て感じることについてわかりやすく解説しました。
第92回秘書検定の合格率は?どんな傾向が考えられる?
第92回秘書検定の合格率はどんな感じだったのでしょうか?傾向とともに解説します。
秘書検定2級の合格率は何%くらい?
秘書検定2級の合格率は何%くらいなのか?わかりやすく解説しました。
秘書検定準1級の合格率は?
秘書検定準1級の合格率をご紹介します。
第98回の秘書検定の合格率とデータからわかることとは?
第98回の秘書検定の合格率を掲載したうえで、そこからわかることを解説します。

トップ 目次 秘書検定2級 合格率 面接対策