秘書技能検定とは 内容

秘書技能検定とはどんな内容なの?

秘書技能検定とは 内容

 

秘書技能検定とはどんな内容を学べる検定試験なのでしょうか?

 

一言でいうと、秘書技能検定の内容をしっかりと学べば
社長や先輩、お客さんが
あなたの行動や発言を一目見るだけで
この人はすごい」と思わせることができるようになります。

 

たとえば、会社に取引先の社長さんが来たとします。
そして秘書技能検定で学んだあなたが「こんにちは!」
と一声かけるだけで、取引先の社長さんは感心してくれます。

 

人間の印象って話し方であったり服装や行動を変えるだけで
ずいぶんと変わるものです。

 

もし今まであなたが就職の面接試験を突破できなかったとしたら
秘書技能検定を学んで、実際に検定試験を受けてみることをおすすめします。

 

疑問に感じる女性

 

ちなみに「秘書技能検定は秘書検定と違うの?」
と疑問に感じている方もいるでしょう。

 

結論としては秘書検定の中に秘書技能検定があります。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。
秘書技能検定と秘書検定は違うの?

 

ただ、たいていの方が「秘書検定に受かった」と言った場合には
秘書技能検定のことを指しています。

 

秘書技能検定(秘書検定)には
  • 3級
  • 2級
  • 準1級
  • 1級

 

と4つの級にわかれています。

 

もちろん、1級が一番難しく、3級が一番簡単です。

 

毎年上記4つの級のどれかを受験するわけですが
受験者数の合計は約14万人です。

 

たくさんの方が秘書技能検定試験にチャレンジするんですね。

 

そして各級の合格率はこちらをご覧ください。
第98回の秘書技能検定の合格率とデータからわかることとは?

 

秘書技能検定試験の内容

 

秘書技能検定とは具体的にどんな内容の問題が出題されるのでしょう?

 

実際の過去問題を掲載していますので
詳しくは以下の記事をご覧ください。

 

 

秘書技能検定はマークシートに加えて記述式の問題もあります。
準1級や1級になるとさらに面接試験もあります。

 

秘書検定3級なら独学で合格も可能ですが
2級以上になると独学での合格は難しいです。

 

少しでも「秘書技能検定に合格できるかな」と不安な方は
通信講座をおすすめします。
ヒューマンの通信講座 『秘書検定』

 

こちらも参考に!⇒秘書技能検定を履歴書に記載する時の正しい書き方は?

 

スポンサードリンク

関連ページ

秘書技能検定2級の合格率は?
秘書技能検定2級の合格率は何%くらいなのでしょうか?わかりやすく解説しました。
秘書技能検定を正式名称で履歴書に記載するときの注意点とは?
秘書技能検定を正式名称で履歴書に記載するときの注意点についてわかりやすく解説しました。
秘書技能検定と秘書検定は違うの?
秘書技能検定と秘書検定は違う検定試験なのでしょうか?わかりやすく解説しました。
秘書技能検定を履歴書に記載する時の正しい書き方は?
秘書技能検定を履歴書に記載する時の正しい書き方についてわかりやすく解説しました。
秘書技能検定の難易度は?
秘書技能検定の難易度はどんなものなのでしょうか?わかりやすく解説しました。

トップ 目次 秘書検定2級 合格率 面接対策