秘書検定 合格率 101回

秘書検定101回の合格率は?

秘書検定101回の合格率は以下の通りです。

 

志願者数

受験者数

最終合格者

合格率

3級

15,889人

14,758人

11,579人

78.5%

2級

33,959人

31,567人

17,237人

54.6%

準1級

6,896人

6,301人

1,753人

27.8%

1級

1,372人

1,166人

467人

40.1%

合計

58,116人

53,792人

31,036人

53.4%

 

 

 

秘書検定は3級、2級、準1級、1級の4つの級があります。

 

101回目の合格率について説明する先生

 

3級が一番試験の難易度が低く、1級がもっとも難易度が高いです。
試験内容は3級と2級は筆記試験のみで、
準1級と1級は筆記試験と面接試験があります。

 

だから、秘書検定の中でも2級と準1級では相当難易度に差があります。

 

2級は筆記試験だけで合否が決まりますが
準1級や1級は筆記試験だけでなく面接試験もあるからです。

 

秘書検定2級に合格するのに必要な勉強時間は?

 

秘書検定101回試験でも合格率を確認してみると
  • 3級が78.5%
  • 2級が54.6%
  • 準1級が27.8%
  • 1級が40.1%

 

とやはり2級と準1級の合格率に約2倍の開きがあります。
ただ、101回試験の合格率は準1級と1級では1級の方が高かったので
説得力はちょっとないですけど(苦笑)

 

ただ、準1級と1級はどちらも筆記試験と面接試験があります。
でも、試験問題自体は準1級よりも1級の方が難しいのは間違いありません。

 

だから101回では単純に1級を受験する方のレベルが高かったのでしょう。

 

続いて、「秘書検定を申し込む場所がわかりません!」
という話をよく耳にします。

 

そこで、「申し込み場所を知りたい」という声にお応えして記事にしました。
ぜひご覧ください。
秘書検定の申し込み場所はコチラから

 

 

スポンサードリンク

関連ページ

第91回秘書検定の合格率から考えられることとは?
第91回秘書検定試験の合格率から考えられることについてわかりやすく解説しました。
第102回秘書検定の合格率を見て感じることとは?
第102回秘書検定の合格率を見て感じることについてわかりやすく解説しました。
第92回秘書検定の合格率は?どんな傾向が考えられる?
第92回秘書検定の合格率はどんな感じだったのでしょうか?傾向とともに解説します。
秘書検定2級の合格率は何%くらい?
秘書検定2級の合格率は何%くらいなのか?わかりやすく解説しました。
秘書検定準1級の合格率は?
秘書検定準1級の合格率をご紹介します。
第97回秘書検定の合格率は?どんな傾向があるの?
第97回秘書検定の合格率は何%だったのでしょうか?それと合格率からどんな傾向があるのか、わかりやすく解説しました。
第98回の秘書検定の合格率とデータからわかることとは?
第98回の秘書検定の合格率を掲載したうえで、そこからわかることを解説します。

トップ 目次 秘書検定2級 合格率 面接対策